ホーム » 在宅医療

在宅医療

仲宗根クリニック在宅医療スタッフ

私たち仲宗根クリニックの在宅医療サービスでは、寝たきりや、おひとりでの通院が難しい患者様の健康管理を目的に、夜間・休日も含めて24時間いつでも連絡が取れる体制を整えており、ケアマネージャー・訪問看護ステーション・支援病院と連携を図り、在宅療養患者様のサポートに力を入れております。

訪問診療の対象となる患者様

  • 病院やクリニックへの通院が困難な方
  • 自宅での療養を希望される方
  • 在宅末期療養を希望される方
  • 家で寝たきりのお年寄りの方
  • 認知症の方
  • 障害を持った方
  • 退院後の自宅での医療ケアが必要な方

※上記以外の方でも在宅医療についてのご相談やご依頼は、お気軽に当クリニックまでご連絡下さい。

自宅で受けられる医療サービスとは?

病院で行われている医療(診察・看護・薬剤提供)をご自宅で受けることができます。

  • 健康チェック(診察・血圧測定・体温測定など)
  • 点滴の治療・薬の治療
  • 床ずれの手当
  • 酸素療法
  • 経菅栄養法
  • バルーンカテーテル(尿道など)のケア
  • 各種ストーマケア(人工肛門など)のケア
  • 抗がん剤の投与や鎮痛療法

※上記は在宅医療の一例です。上記以外の方でも在宅医療についてのご質問やご相談は、お気軽に当クリニックまでご連絡下さい。

在宅医療の費用

1割負担の患者様の場合
  • 往診の場合
    • 1回につき650円(但し、緊急・夜間・深夜加算は別途です)
  • 訪問診療の場合
    • 月2回訪問した場合
      在宅時医学総合管理料(月1回)=4200円
      在宅患者訪問診療(1回=830円)=830×2=1660円
      費用合計=5860円(但し、検査・薬代は別途です)
    • 月4回訪問した場合
      在宅時医学総合管理料(月1回)=4200円
      在宅患者訪問診療(1回=830円)=830×4=3320円
      費用合計=7520円(但し、検査・薬代は別途です)

上記が基本的な料金体系となりますが、詳細はお問い合わせください。

在宅療養支援診療所とは?

2006年4月に保険制度が大きく変わり、「在宅療養支援診療所」が新設されました。これは「24時間態勢で在宅医療に取り組む診療所」のことで、かかりつけの患者様に緊急連絡先を伝えることなどが義務づけられています。また、緊急の場合に入院先病院を準備しておくことも義務づけられており、在宅医療を受けれる患者様を手厚くサポートします。

訪問診療と往診の違い

訪問診療は、訪問診療・計画的な医学管理のもとに診療します。往診は、病状の変化などによる患者様・ご家族からの要請により診療します。

緊急時には当医院の医師、看護師が責任を持って対応し、必要な場合はしかるべき医療機関・支援病院をご紹介いたします。

訪問回数や診療・介護計画は患者様の症状にあわせて計画いたしますので、詳しくご説明いたします。

緊急時の連絡・対応方法について

「何かいつもと違うぞ?」という時には慌てずにまず電話にて連絡しましょう。

緊急時の連絡先

今日は「少し調子が変だぞ」「元気がないぞ」「苦しそうだぞ」という時にはよく観察して電話をかけて下さい。

  • 電話の後は冷静に主治医の指示に従ってください。
  • 主治医と連絡が取れない場合は、急いで救急車(119番)を呼んでください。
  • 在宅酸素療法など使用している機器に関するトラブルは、各業者に連絡をしてください。

下記の症状は緊急です!

  • 意識がない。(声をかけても返事がない)
  • 息が苦しそうである。または息をしていない。
  • 脈がふれない。
  • 顔色が蒼白である、または唇が紫色をしている。
  • 激しい痛みがある。
  • 食べたものを吐いている。(血が混じっている)

予約受付・お問い合わせは、仲宗根クリニック  098-933-8000  まで